[Translate to Japanisch:] Laser Vibrometers by OptoMET

非接触振動測定用のデジタル・レーザードップラー振動計

Optometは、シングルポイント、ファイバー、およびスキャンバージョンのデジタル・レーザードップラー振動計(LDV)を開発および製造しています。Optometのレーザードップラー振動計は、個々の測定点または表面全体の非接触振動測定用の高精度測定器です。反射率の高い材料でもほとんど反射しない材料でも、微細形状から建物全体まで – OptometのモジュラーLDVシステムは、ほとんどすべての振動測定アプリケーションに対して理想的なソリューションを提供します。

 

Optomet 振動測定システムの概要

  • デジタル信号処理による精度とパフォーマンス:Optometは、160 MS/s のデータレート、25 m/s に至る速度までの測定範囲、および24 MHzまでの振動周波数範囲で、高性能で損失のない信号処理を実現するFPGAベースの振動計を初めて開発しました。
    ギガビット・イーサネットインターフェイスは、最大32ビットの分解能で連続デジタル信号チェーンを可能にし、220dBを超えるダイナミックレンジを可能にします。ギガビット・イーサネットデジタルインターフェースは、振動計をリモートで制御するためにも使用されます。測定データは、標準BNCコネクターを介してアナログ形式で同時に出力されます。

  • 直感的な操作性と本物のポータブルタイプ:Optometのそのクラスでは最高のソフトウェアと組み合わせると、Optomet振動計は、振動データの取得と分析のための完璧な測定システムをユーザーに提供します。直感的な操作により、振動測定に不慣れなユーザーでも、非常に短時間で信頼性の高い測定結果を取得することができます。
    オールインワン設計は、単一のハウジングにレーザー光源、干渉計、および信号処理ユニットを組み合わせたものです。これにより、効率的な配備と簡単な操作が可能になり、Optomet振動計が真にポータブルになります。12 V DC電源と組み合わせることで、本システムはモバイル使用にも最適です。

  • モジュラー構成:多数の測定範囲で変位、速度、加速度を測定するための個々のデコーダー、および測定距離とスポットサイズの要件に応じて、さまざまな光学構成が利用可能で、ソフトウェアコンポーネントの幅広い選択によって、Optomet振動測定システムの構成を用途別にカスタマイズできます。

[Translate to Japanisch:] precise laser doppler vibrometer

高精度

[Translate to Japanisch:] precise laser vibrometer

ヘテロダイン干渉計
デジタル信号処理
エンドツーエンドのデジタル・ワークフロー

 

もっと詳しく知る
[Translate to Japanisch:] easy handling laser doppler vibrometer

簡単な操作

[Translate to Japanisch:] easy handling laser vibrometer

非接触/非反応性
オールインワンデザイン/ポータブル
ギガビット・イーサネットインターフェース

 

もっと詳しく知る
[Translate to Japanisch:] high performance laser doppler vibrometer

モジュール構成

[Translate to Japanisch:] high performance laser vibrometer

各種対物レンズ/ファイバーヘッド
フレキシブルなデコーダーシステム
フレキシブルな接続性

 

もっと詳しく知る
[Translate to Japanisch:] Single-Point Laser Vibrometer

シングルポイント・レーザー振動計

シングルポイント振動計を使用すると、単一の測定位置で、それぞれレーザービームの方向での変位、速度、および加速度をすばやく簡単に測定できます。Optomet製品は、短波長赤外線レーザー光源(Short-Wavelength-Infrared; SWIR)を備えた強力なシステムと、ヘリウムネオン(HeNe)レーザーを備えた従来のレーザー振動計のどちらでも選択可能です。コンパクトなシングルポイントシステムは、交換レンズ付きのフリービーム振動計と、専用のファイバー結合測定ヘッド型の両方で利用できます。

[Translate to Japanisch:] Scanning / Full-Field Laser Vibrometer

走査型レーザー振動計

Optomet 走査型レーザードップラー振動計(SLDV)は、ミラー偏向ユニットを使用してレーザービームで測定対象物の表面を走査するため、非常に短時間で多数の測定点を自動的に測定できます。個々の測定点の振動データを組み合わせることにより、振動測定がパワーフルなイメージング方法になります。この振動計は、振動モードの視覚化、固有モードの特定、または波の伝搬特性の調査に使用できます。多数の静的またはアニメーション表現により、振動データが直感的に表示されます。SWIR振動計の信号レベルは、表面を処理して光反射率を上げる必要を無くします。

[Translate to Japanisch:] Vibration analysis software

測定および分析ソフトウェア

Optometソフトウェアは、Optometレーザードップラー振動計の使用を最適化するために開発されました。このソフトウェアは、測定データの取得、視覚化、分析、およびエクスポートのために、直感的に操作できるモジュールを提供します。オプトメット振動計デバイスは、イーサネットインターフェースを介してネットワーク化し、リモート制御できます。
Optomet レーザードップラー振動計の最大ダイナミックレンジは、継続的なデジタルワークフローでユーザーに提供されます。

[Translate to Japanisch:] Support Laser Vibrometer OptoMET

サービスとサポート

当社のサポートチームは、Optometレーザードップラー振動計が耐用年数全体にわたってその性能を維持できるようにサポートします。Optometは、故障の際の機器の修理だけはなく、校正およびカスタマイズされたメンテナンスプログラムも提供しております。当社のテクノロジー・スペシャリストチームは、お客様固有のアプリケーションのニーズをサポートし、問題などに直面した際に技術的な質問にお答え致します。

Optomet レーザー振動計

ご連絡下さい!

Contact