OptoSCAN:リモートコントロール、データ収集、視覚化、および分析

[Translate to Japanisch:] dental drill vibration

画像化振動測定のためのソフトウェア

Optometの走査型レーザードップラー振動計と組み合わせて、OptoSCANソフトウェアは、振動測定を画像化するための完璧なソリューションを提供します。

OptoSCANは、測定点毎のスキャンデータとジオメトリ情報を組み合わせて、設計の最適化、構造上の問題の解決、FEモデルの検証、および基礎研究のために、ほぼすべての試験対象物の振動と表面波をアニメーション化します。データは、時間と周波数に基づいた、多数の量で表示されます。

  

OptoSCANを使用したレーザースキャン測定 - シンプルで高速

OptoSCANは、Optomet 走査型レーザードップラー振動計を簡単かつ効率的に使用するためのツールとして開発されました。最新の64ビットのマルチスレッド・ソフトウェアは、大量のデータでもスムーズな操作を保証します。測定プロセス中の測定データのライブ分析も可能です。このソフトウェアは、Windows 10を搭載している標準のPCハードウェアで使用できるため、データの取得、分析、および視覚化は、ほとんどすべてのPCで簡単に取扱いできます。

振動計の制御

OptoSCANは、走査型振動計のすべてのハードウェア設定とコンポーネントを制御します。ビデオカメラと測定レーザーが校正され、デコーダーと測定範囲が定義され、測定信号と参照信号のチャネルが定義され、内蔵の信号発生器が制御されます。

[Translate to Japanisch:] Geometry laser scanning measurement

画像化振動測定

測定ポイントのグリッドは、マウスを数回クリックするだけで作成および編集できます。複雑な形状でも簡単かつ直感的に作成できます。測定期間、帯域幅、周波数分解能、および測定点毎の品質要件の設定を定義した後、測定スキャンを開始できます。測定グリッドの点の色分けは、スキャンの進行状況を示し、スキャン後は各測定点のステータスに関する情報を提供します。

表示と分析

結果はグラフで明確に表示され、波形は二次元マップまたは三次元アニメーション経時プロファイルとして表すことができます。時間と周波数の表示の単純な切り替えで、測定値の包括的な分析が可能になります。共振、伝達関数、振動モード、動作振動、または波の伝播が明確に視覚化されます。

[Translate to Japanisch:] scanning vibrometer data acquisition
[Translate to Japanisch:] Modal analysis surface vibration

スキャン中にリアルタイムの測定値が表示され、専用の分析モードに切り替えることなく、スキャンが終了した直後に完全な分析が可能です。デスクトップ版のOptoSCANを使用すると、オフライン分析処理が可能です。内蔵されたビデオ作成ツールを用いると、結果を迅速かつ効果的に報告または共有することができます。

ストレージとデータ

OptoSCANのプロジェクトは明確に保存されており、将来的な分析のために、すべての設定とともに再度読み込むことができます。OptoSCAN以外で測定データをさらに処理するために、広範なエクスポートオプションを利用できます。文書化されたオープンファイル形式により、例えばモーダル解析用のサードパーティ・プロバイダーのプログラムや、MATLAB®などの標準ソフトウェアとの交換が簡単に可能になります。

直感的な操作

OptoSCAN の操作はとても簡単です。ユーザーインターフェイスの構造は、走査型振動計測定の一般的なワークフローに基づいています。測定プロジェクトの定義、チャンネルと測定範囲の選択、形状と測定点の定義、取得パラメータの選択、そして最後に測定結果の表示と分析です。新規ユーザーは、測定プロセスの中で直感的に誘導され、経験豊富なユーザーは、包括的な機能を楽しむことができます。

詳細情報

振動計とOptoSCANソフトウェアの機能の詳細は、走査型レーザー振動計のデータシートに記載されています。

ご連絡下さい!

Contact