[Translate to Japanisch:] non-destructive material research

非破壊試験/接触材料研究と試験

適切な材料を適切な場所に配置することは、品質、耐用年数、重量、そして最終的には最終製品の成功に不可欠です。Optomet レーザードップラー振動計は、材料研究における新しい発見の体系的な探求に世界規模で重要な貢献をしています。これは、材料パラメータの測定、または非破壊試験/非破壊検査(NDT / NDI)の両方に適用されます。非接触測定方法は、振動計の測定によって材料の特性が変化しないため、NDT / NDIでは極めて重要です。

 

材料の非破壊検査(NDT)

炭素繊維強化ポリマー (CFRP)は、軽量化と高い比剛性を実現するために、コンポーネント製造においてますます重要になっています。例としては、航空機の翼または自動車産業における車体部品の製造があります。早期の材料疲労を回避するために、製造または保守点検中に層間剥離または亀裂を迅速に特定する必要があります。ピエゾ素子などによる薄肉 CFRP パネルの高周波励起により、ラム波(短波表面波)が発生します。これらは材料の欠陥と相互作用し、波動伝搬の変動または局所共振を引き起こします(局所欠陥共振 Local Defect Resonance - LDR)。

 

Optomet 走査型レーザードップラー振動計は、材料表面のすべての測定ポイントで波の同位相伝搬を検出できるため、肉眼では見えない材料の非破壊欠陥を視覚化できます。内部信号発生器は、コンポーネントを励起するために、パルスや周波数掃引などの任意の波形を生成できます。OptoSCAN ソフトウェアは、測定チャネルの設定から測定ポイントの決定、周波数および時間域での測定データの視覚化と分析に至るまで、測定全体を実行するために使用されます。エクスポート機能を使用すると、データを UFF、HDF5、マットファイル(MATLAB)などの標準形式でエクスポートして、さらに処理することができます。

Optomet 走査型振動計を使用することにより、CFRP プレートの背面に導入された欠陥が検出されます。内部信号発生器は、CFRP プレートに取り付けられたピエゾアクチュエータを励起するために矩形パルスを生成します。ピエゾ素子(中央下)から伝播する波は、二つの欠陥と相互作用し、局所的に高い振幅(局所欠陥共鳴 - LDR)を介してその時間および周波数帯域でそれらを可視化します。

 

[Translate to Japanisch:] contactless detection of local defect resonances

スプリットホプキンソン棒法 (SHPB)

スプリットホプキンソン棒検査は、材料特性が動的条件下で測定される材料試験の方法です。このプロセスでは、測定対象佛(コンクリートシリンダーや複合材など)は、入射バーと透過バーの二つのバーの間に配置されます。加速されたストライカーがインシデントバーに衝突し、ショックパルスが発生します。生成された波は最初のバーを通過し、材料サンプルに当たり、透過バーに伝播します。

 

160 Msamples/sの高いサンプリングレートと220dBを超えるダイナミックレンジにより、Optometのレーザードップラー振動計(LDV)は、これらの非常に動的な衝撃パルスの時間的進行を測定するための完璧な測定ツールです。

 

 

[Translate to Japanisch:] split hopkinson bar

材料の非破壊検査:誘導波と欠陥共振

ご連絡下さい!

Contact