オプトスキャン

遠隔操作、データ収集、可視化、分析

 

レーザドップラ振動計 スキャニング レーザドップラ振動計OptoSCAN ソフトウェアは、スキャニング振動計と組み合わせることで、振動計測の完全なソリューションを構築します。

OptoSCAN は、点ごとのスキャニングデータと形状情報を組み合わせることで、設計の最適化、構造問題の解決、FE モデルの検証、基礎研究など、ほぼすべての試験対象物の振動や表面波を画像化します。データは、多くの時間および周波数ベースの量で表示されます。

振動計の制御

OptoSCAN は、スキャニング振動計のすべてのハードウェア設定とコンポーネントをリモート制御します。ビデオカメラと測定レーザーの校正、デコーダと測定レンジの定義、測定信号と基準信号のチャンネル定義、内蔵信号発生器の制御などを行います。

 

イメージング振動測定

測定ポイントのグリッドは、マウスを数回クリックするだけで作成・編集できます。複雑な形状も直感的に簡単に作成できます。測定時間、帯域幅、周波数分解能、およびポイントごとの測定に要求される品質設定を定義した後、測定スキャンを開始できます。グリッドポイントの色分けはスキャンの進捗状況を示し、スキャン後には各ポイントのステータスに関する情報を提供します。

 

 

プレゼンテーションと解析

測定結果はダイアグラムでわかりやすく表示され、波形は2次元のマップや3次元のアニメーションタイムプロファイルとして表現できます。時間表示と周波数表示を切り替えるだけで、測定結果を総合的に分析できます。共振、伝達関数、振動モード、動作振動、波の伝搬が明確に視覚化されます。

 

 

スキャン中はリアルタイムで測定値が表示され、スキャン終了後は専用の解析モードに切り替えることなく、すぐに完全な解析が可能です。

OptoSCANのデスクトップ版では、オフライン処理が可能です。統合されたビデオ作成ツールの助けを借りて、結果を迅速かつ効果的に報告または共有することができます。

 

 

保存とデータ交換

OptoSCAN プロジェクトは明確に保存され、将来の分析のためにすべての設定とともに再度読み込むことができます。OptoSCANの外部で測定データをさらに処理するために、豊富なエクスポートオプションが用意されています。文書化されたオープンなファイル形式により、例えばモード解析やMATLAB®のような標準ソフトウェアなど、サードパーティプロバイダのプログラムとの容易な交換が可能です。

直感的な操作

OptoSCANの操作は非常に簡単です。ユーザ インタフェースの構造は、スキャニング振動計の典型的な測定ワークフローに基づいています。測定プロジェクトの定義、チャンネルと測定範囲の選択、ジオメトリと測定ポイントの定義、測定パラメータの選択、そして測定結果の表示と解析です。新規ユーザは直感的な操作で測定プロセスを進めることができ、経験豊富なユーザは包括的な機能を楽しむことができます。

詳細情報

レーザドップラ振動計および OptoSCAN ソフトウェアの機能の詳細については、次のページをご覧ください。データシート をご覧ください。