レーザードップラー振動計

非接触式。高精度。革新的。

 

すべてのサイズおよびすべての表面での振動解析

最先端のレーザー光源と干渉法を使用して、Optomet レーザードップラー振動計は、原子サイズから大きな建物まで、数桁の範囲にわたる振動の非接触測定を可能にします。

事実上あらゆる種類の表面で、対象物に影響を与えることなく簡単に測定できることは、最も繊細な構造の分析にも不可欠なツールです。光学レーザードップラー振動計は、マッハ・ツェンダー干渉計の原理を使用しており、測定ビームのレーザー光が振動面で反射されたときにドップラー効果によって引き起こされる周波数シフトによる測定ビームの変化を示します。レーザードップラー振動計がどのように機能するかについての詳細な説明は、「測定原理」でご覧になれます。

は、産業や研究開発における幅広いアプリケーションに、操作が簡単でありながら最高の技術基準を満たす先端的でユーザーフレンドリーなレーザードップラー振動計を徹底して利用しています。

 

シングルポイントおよび走査型レーザー振動計

当社のシングルポイントレーザー振動計および走査型レーザー振動計は、アプリケーションに応じて、お客様の測定の問題を解決するのに最適です。Optomet は、赤外線レーザーシステム(SWIR)の優れた測定特性と、最大 160 MS/s のサンプリングレートを提供するフルデジタル信号処理の各種利点を活用しています。その論理的な帰結は、無敵のハイダイナミックレンジと、可能な限り最高の信号品質です。

特に、赤外線走査型レーザー振動計の製造に関しては、Optomet は市場のすべてのメーカーの中でも一番長い経験と実績を持っています。当社の専門知識を、あなたに納得して頂きたいのです!

 

レーザー振動計の製造ステップはすべて社内で

ソフト開発からハードウェア開発から始まって各製造工程、広告、販売、カスタマーサポートまでのすべてのステップは、ドイツのダルムシュタットにある Optomet 本社で行われます。このようにして、迅速で簡単な連絡、ベストなサポート、および即時のヘルプが常に保証されます。

製品

[Translate to Japanisch:] Laser Doppler Vibrometer

シングルポイント振動計
走査型振動計
振動計ソフトウェア

 

製品: シングルポイントおよび走査型レーザー振動計

アプリケーション

[Translate to Japanisch:] Applications Laser Doppler Vibrometer

自動車産業
航空宇宙産業
材料工学

 

 

アプリケーション 光学振動測定

テクノロジー

[Translate to Japanisch:] Working principle Laser Vibrometers

測定原理
レーザー光源
信号処理

 

テクノロジー: レーザー振動計

Optomet について

[Translate to Japanisch:] Laser Vibrometer Manufacturer OptoMET

Optomet
ミッションと当社の哲学

 

もっと詳しく知る

ご連絡下さい!

Contact