オプトGUI

OptoGUI で効率性と精度を向上

OptoGUI は、Optometシングルポイント振動計用の計測・解析・リモートコントロールソフトウェアです。

振動計のリモートコントロール

振動計の設定は、ソフトウェアが読み出し、設定します。信号発生器などのオプションのコンポーネントも制御できます。

データ収集

ソフトウェアは、ギガビットイーサネット インタフェース経由で最大 32 ビットの分解能で計測データを受信し、たわみ、速度、加速度を経時的に表示します。測定は、記録されたデータまたは外部信号をトリガーとして行うことができます。

表示と評価

カーソルやズーム機能により、測定データの解析が容易になります。周波数表示では、最大800万行で測定スペクトルを表示します。周波数ピークは自動的に検索して特定できます。周波数ピークは自動的に検索され、特定されます。時間の経過に伴う周波数コンテンツはスペクトログラムとして表示されます。

データエクスポート

測定データは、テキストデータまたはバイナリデータとして、さまざまな標準ファイル形式で保存できます。オーディオファイルとして出力することも可能です。アナログ信号は、デジタル伝送と並行して出力されます。

直感的で高性能

ソフトウェアは直感的で、初めてのユーザーでも簡単に使用できます。OptoGUIは、標準的なPCハードウェア上でプラットフォームに依存することなく効率的に動作し、特別なドライバやインストールを必要としません。

保存とデータ交換

OptoSCAN プロジェクトは明確に保存され、将来の分析のためにすべての設定とともに再度読み込むことができます。OptoSCANの外部で測定データをさらに処理するために、豊富なエクスポートオプションが用意されています。文書化されたオープンなファイル形式により、例えばモード解析やMATLAB®のような標準ソフトウェアなど、サードパーティプロバイダのプログラムとの容易な交換が可能です。

直感的な操作

OptoSCANの操作は非常に簡単です。ユーザ インタフェースの構造は、スキャニング振動計の典型的な測定ワークフローに基づいています。測定プロジェクトの定義、チャンネルと測定範囲の選択、ジオメトリと測定ポイントの定義、測定パラメータの選択、そして最後に測定結果の表示と解析です。新規ユーザは直感的な操作で測定プロセスを進めることができ、経験豊富なユーザは包括的な機能を楽しむことができます。

詳細情報

レーザドップラ振動計および OptoSCAN ソフトウェアの機能の詳細については、次のページをご覧ください。のデータシートをご覧ください。