SMARTラボ

SMART Labは、正確な振動検出と分析、そして直感的な操作を組み合わせた包括的なソフトウェアソリューションです。

測定を強化する

 

SMART Labは、正確な振動解析と直感的な操作でオプトメット機器を強化するオールインワンソフトウェアソリューションです。測定プロセスを簡素化し、詳細なデータ解析のための高度なツールを提供することで、正確な結果を保証します。

すべてのデバイスに1つのソフトウェア

SMART LabをSMARTシリーズ機器と共に使用することで、その潜在能力をフルに引き出すことができます。異なるデバイスからの同期データは同時に処理され、測定セットアップの比類ない柔軟性を可能にします。

3Dモデルに対応した測定

インテリジェントなキャリブレーションと測定ポイントの簡単な生成により、複雑な構造も簡単に測定できます。完全自動化されたキャリブレーションプロセスは、時間とコストを節約します。3Dモデル上での測定データのシームレスなアニメーションにより、複雑な構造物の振動を納得のいく形で可視化できます。

 

高度な収集と解析

時間データと周波数データは、測定実行中でもリアルタイムで同時に解析できます。これにより、測定の初期段階で設定を確認し、より迅速で信頼性の高い結果を得ることができます。

SMART Lab ソフトウェアで振動解析を最適化

SMART Lab は強力なオールインワンソフトウェアソリューションで、Optomet のすべてのデバイスを完璧に補完し、完全な振動測定システムを構築します。継続的なデジタル信号経路により、SMART Labは振動データのシームレスな制御、正確な測定、洞察に満ちた解析を可能にします。

振動測定プロセスを合理化するために設計されたSMART Labは、ユーザーフレンドリーなインターフェースで簡単に操作できます。その直感的なコントロールは、効率的なデータ取得を可能にし、正確で信頼できる結果を保証します。ソフトウェアの高度な分析機能により、ユーザーは収集したデータを深く掘り下げることができます。

SMART Labは、振動パターン、共振、その他の重要なパラメータを徹底的に調査することを可能にする、幅広い分析ツールとビジュアライゼーションを提供します。この包括的な分析は、意思決定プロセスを強化し、効果的なトラブルシューティングを容易にします。SMART Labの利便性とパワーを体験してください:振動解析における測定、解析、遠隔操作のための究極のソフトウェアです。

SMARTシリーズのハイライト

装置内の研究室

 

直感的なソフトウェア

統合SMARTシステム

 

同期測定

多彩な7インチタッチディスプレイ

 

インテリジェントでコンパクトなデバイス

仕様

振動計の設定、レーザー、カメラの遠隔操作 - 複数の振動計を一度に接続・制御し、基準振動、多点振動、3次元振動を計測
計測セットアップ - 接続したすべての振動計の 4K ビデオ映像をライブ配信
  - レーザーの動きをカメラ画像で自動または手動キャリブレーション
計測領域 - 読み込まれた 3D モデルに基づいて計測領域を選択し、メッシュ点を自動生成
データ収集 - 振動計から複数のリファレンス センサまで、すべてのデータを 1 つのソフトウェアで簡単に収集可能
  - 時間領域と周波数領域の表示をシームレスに切り替え可能
  - マルチチャンネル任意信号発生器 - あらかじめ定義された信号(正弦波、正弦波掃引、矩形波、ランダム波など)や、インポートした .csv ファイルや .wav ファイルからカスタム信号を生成できます。
  - スペックル・トラッキングとスマート・アベレージングに基づくリアルタイム信号解析と改善
測定分析 - 様々な周波数関数の計算:FRF、FFT、オートスペクトラム、クロススペクトラム、コヒーレンス
  - FRFおよびFFTデータに基づく、ユーザー定義周波数におけるモード形状の3Dアニメーション
  - カラーマップ、視野角、テクスチャーサーフェスなど、カスタマイズ可能なビューオプション
データのインポートとエクスポート - ODSデータ、時間データ、ジオメトリデータ、すべての周波数関数、および参照チャンネルのデータをユニバーサルファイルフォーマット(.uff)、階層データフォーマット(.hdf5)、およびMATLAB®ファイルフォーマット(.mat)へマルチスレッドでエクスポート
  - 時間データ(波動伝播)と選択したモードシェイプのアニメーションを高解像度(最大4K)ビデオファイルとしてエクスポート

ソフトウェア・オプション

ジオメトリ ユニット - 振動計までの絶対距離や対象物の 3 次元ジオメトリを計測 O
振動の伝搬を可視化する時間領域解析とアニメーション O
モーダル解析により、試験対象デバイスの動的特性を把握 O
基本ソフトウェア メンテナンス: 2 年間のソフトウェア アップデートを含む S
拡張ソフトウェア保守:さらに2年間のソフトウェアアップデート O