[Translate to Japanisch:] vibration micro controller

エレクトロニクスと家電機器 - コンポーネントの振動

部品、コンポーネント、回路基板、およびアセンブリの動的な動作を理解して制御することは、高性能、高品質、安全で堅牢な製品にとって非常に重要です。例えば、振動試験では、シェーカーで励起された部品を、Optomet レーザードップラー振動計で検査します。これにより、メーカーは開発プロセスでの潜在的なウィークポイントを早期に特定し、製品の信頼性を高めることができます。それ以外に、自然振動も測定可能で、例えば、邪魔な騒音源を特定し、それらを建設的に減衰または除去することもできます。

 

家電製品と電動工具

すべての家庭には、電動ハンドミキサーや電動ドリルなどのさまざまな電気機器があります。機能性と使いやすさに加えて、使用中の振動または音響特性は、消費者のレビューに影響を与える可能性があり、最終的な購入決定において重要な役割を果たします。振動と音響品質に対する顧客の主観的な認識の低さは、製品全体の品質に対する認識の低さにさえ対応することもあります。



人間工学と健康の基準は、特に回転式または打撃式のハンドマシンの職業的ユーザーにとって非常に重要な役割を果たします。機械の振動は、手のひらと指を介して手と腕に伝わり、手腕の振動を引き起こします。長期間の曝露では、これらは「白蝋病」としても知られるレイノー症候群などの慢性的な症状および病気につながる可能性があります。

Optomet のレーザードップラー振動計のスキャンは、関連するすべての振動の周波数と振幅を記録するのに極めて適しています。高度な赤外線レーザー技術(SWIR)のおかげで、鋸刃、切断または砥石などの粗い回転面でも、意味のある振動測定が可能です。測定の結果、ツールの振動の広がりが可視化され、モデル計算と連携して、ユーザーが経験する振動レベルを低減できる、減衰やデカップリングといった好都合な構造変更に必要な情報が提供されます。

電気かみそりをより効果的かつ快適にするために、個々のブレードとグリップに非接触測定を行います。皮膚上のブレードの動きに対するバッテリー充電レベルの影響も測定できます。製造業者は、このようにして製品の稼働動作について深い洞察を取得し、開発プロセスの効率を高め、製品の競争力を高めることができます。

 

[Translate to Japanisch:] vibration electric razor

OLEDディスプレイ

有機ELディスプレイは、液晶ディスプレイよりも大幅に単純化された層構造を持っています。バックライト、偏光フィルム、フィルターなどが排除されているため、実際のディスプレイはスピーカーメンブレンとしても機能するほど薄くなり、背後に取り付けられたアクチュエーターで振動を励起します。これにより、テレビの音響の質が向上し、イヤホンが不要になるため、スマートフォンのディスプレイが拡大できます。Optomet レーザー振動計は、ディスプレイの振動の特徴を分析し、設計の改善と性能の向上に役立ちます。

 

 

 

[Translate to Japanisch:] vibration oled display

プリント回路基板(PCB)

プリント回路基板は電子部品を実装しており、複数の回路レベルでそれらを相互接続する場合があります。例えばエンジン制御部のPCBに動的負荷がかかっている場合。この機械的ストレスにより、コンポーネント、PCB、またははんだ接合部が損傷する可能性があり、電子機器の完全な故障を引き起こす可能性さえあります。

 

Optometの走査型レーザードップラー振動計を使用すると、PCBおよび個々のコンポーネントの動作偏向形状(ODS)を直接測定できます。これにより、製造業者は製品の挙動に関する深い洞察を得ることができ、重大な障害を回避するために設計を最適化することができます。 

 

 

[Translate to Japanisch:] vibration micro controller and pcb board

品質管理

レーザー振動計は、最終検査にも使用できます。レーザードップラー振動計の非接触測定法は、接触試験法で発生する可能性のあるアプリケーションエラーを回避できます。例えば、従来のセンサーの一貫性のない接触圧力は、測定に影響を及ぼします。これは、不確かさのために保守的に設計された測定の品質基準を、該当する検査対象物が満たしているかどうかの決定に影響します。その結果、より適切で正確な制御手順により、不良部品の数を減らすことができます。OptometのSWIR振動計に使用されているレーザーは、連続運転(24/7)で十年以上の寿命があり、生産ラインのダウンタイムとメンテナンスコストを削減します。複数の測定ヘッドを一つの振動計に簡単に接続可能で、個々のチャネルを個別に読み取ることができます。

 

 

 

[Translate to Japanisch:] electronics vibration and quality test

スマートフォン

スマートフォンのメーカーは、体系的に製品を改善しており、新しい革新的なアイデアを探しています。Optometのレーザー振動計は、オーディオ、カメラ、または触覚ソリューションの開発、新しい超音波指紋センサー、またはディスプレイをスピーカーとして使用する際に役立ちます。製造において、Optometレーザー振動計は、超音波溶接および接合プロセスを監視したり、機械の設定を支援したりするために常時使用されます。

Optometレーザードップラー振動計は、製品試験でも必要不可欠です。製品が大量生産の対象となる前に、潜在的な構造上の弱点を特定して排除する必要があります。Optometのレーザードップラー振動計を使用すると、メーカーはそのような弱点を特定し、必要なアクションを事前に行い、潜在的な不具合品を最小限に抑えることができます。

 

 

[Translate to Japanisch:] vibration smartphone display

Optomet のポータブル走査型振動計を用いた高周波測定

ご連絡下さい!

Contact