[Translate to Japanisch:] vibration drill machine

各種ツールと機械 - 動作偏向形状

機械や設備の動作偏向形状の動的挙動を取得するためには、Optomet レーザードップラー振動計は、あらゆるタイプの振動を長距離で、回転部品、または光る表面でも接触することなく迅速に測定するだけの柔軟性を十分に持ち合わせているため、完璧な測定ツールです。さまざまな製品(穿孔機から発電所の発電機まで)を製造する多くの業界のメーカーは、Optometを信頼しています。

 

機械およびシステムの動作振動解析

動作振動解析は、特定の動作状態での測定対象の振動挙動を測定します。モーダル解析とは対照的に、例えばシェーカーの助けを借りるような、人工的な振動励起はありません。通常、動作励起は特定の周波数帯域に限定されます。


Optomet 走査型振動計は、動作中のさまざまな箇所で多数の測定を行うことにより、物体の動作モードでの振動を測定し、それらを動画で視覚化できます。高い空間分解能、振幅分解能、および周波数分解能の組み合わせにより、開発者またはユーザーは、機械またはシステムの動作を詳細に理解し、ターゲットを絞った効率的な方法で最適化することができます。このような動作振動の調査は、製品開発と、プラントや機械の状態監視の両方に使用されます。

 

カッティングディスクは、例えば、ダイヤモンドをちりばめた金属または樹脂で結合された酸化アルミニウムでできており、表面が非常に粗い場合があります。回転する物体の振動の測定はそれ自体がチャレンジですが、表面の粗さが大きいため、さらに要件が厳しくなります。
このような困難な条件下でも、Optometの走査型レーザードップラー振動計は、回転するディスクの振動モードを明確に識別できます。

 

[Translate to Japanisch:] mode shapes of a rotating rough grinder wheel

電動工具の操作たわみ形状

ご連絡下さい!

Contact