[Translate to Japanisch:] Laser Interferometer

レーザー光源 - HeNe と SWIR

レーザー光源は、レーザードップラー振動計のパフォーマンスとと眼に対する安全性を決定する決定的な要因です。従来の HeNe レーザーベースの振動計に加えて、Optomet は SWIR レーザーベースの振動計開発の先駆的な存在であり、それも提供しております。

 

ヘリウムネオン・レーザー

HeNe レーザー光源は、632nm の波長で作動します。赤い測定ビームは肉眼で見ることができ、ターゲティングレーザーを必要とせずに位置決めできます。比較的短い波長で、レーザービームは非常に小さなスポット径に焦点を合わせることができます。このように、HeNe レーザー振動計は微細構造の測定に非常に適しています。吸収率がほんのわずかであるため、HeNe レーザーは水を通して測定することもできます。

HeNe レーザーの出力は、眼に対する安全性のため 1 mW に制限されています。したがって、HeNe ベースの振動計は、十分な信号が測定対象から散乱して戻るときに、通常反射率の高い表面上で使用されます。

HeNe レーザーは縦モードだけに限定されていません:周波数が互いに近い波列が重なり合ってうなり周波数が生成されるため、測定ビームの強度、つまり信号品質は作動距離に左右されます。

赤外線振動測定

反射率の低い表面や遠くの物体で最高の信号品質とデータ品質を実現するために、Optomet は SWIR (短波長赤外線)レーザー振動計を開発しました。目に見えない測定ビームは、同軸の緑色ターゲティングレーザーを使用して位置決めします。

1,550nm の波長と 10mW のレーザー出力を備え、HeNe レーザーと比較して十倍の出力が利用可能なこのレーザーは、同時に最高の眼に対する安全性等級(クラス1)を持っています。光検出器の三倍高い効率と組み合わせて、赤外線振動測定は、単一縦モードレーザーのおかげで、測定距離に関係なく、ほとんどすべての振動測定タスクに対して十分な信号品質のための条件を提供します。高温安定性と長い耐用寿命は、さらに付加価値をお届けします。

Optomet SWIR レーザー振動計を使用する場合、暗い、粗い、または反射率の低い表面でも、測定面を処理する必要はありません。長距離での、あるいは光る表面および生体組織の測定といったチャレンジングなアプリケーションにおいても、Optomet SWIR 振動測定技術が真に輝きます。

ご連絡下さい!

Contact