[Translate to Japanisch:] Laser Interferometer

信号処理デジタルで効率的

デジタルデコーダーは、ほぼリアルタイムで測定された強度曲線を、変位、速度、および加速度の関連する物理的測定量に変換します。

デジタル信号処理

Optometは、振動計のパフォーマンスとデータ品質を向上させるために、常にデジタル信号処理を使用してきました。特に高精度測定技術では、経年劣化、温度依存性、ノイズ、および非線形性によるアナログ復調の欠点を防ぐ必要があります。デジタル信号処理を使用すると、感度、分解能、安定性が大幅に向上し、データ品質と測定の確実性が向上します。非常に低いノイズレベルが達成されるため、非常に弱い信号でも正確な測定が可能です。

 

Optomet UltraDSP テクノロジー

Optomet UltraDSPテクノロジーは、効率的なアルゴリズムと、パワーフルで省エネのFPGAとのコンビネーションに基づいています。センサーデータは、振動計によって遅延なしで処理され、特殊な有限インパルス応答(FIR)フィルターは、最も困難な測定環境下でも信頼性の高い正確な測定値を提供します。

 

測定データ

Optometは、最大1億6000万サンプル/秒のサンプルレートを備えた、世界初のデジタル・オーバー・イーサネットベースの振動計を開発しました。最大32ビットの変位、速度、加速度のこのデジタルストリームにより、妥協することなく、可能な限り最高のデータ品質が確実に生成されていることの安心感をユーザーに与えます。各チャネルの標準BNCコネクタを使用すると、Optomet振動計を任意のアナログデータ収集環境に統合できます。

 

ご連絡下さい!

Contact