[Translate to Japanisch:] vibration large bridge

土木工学 - 橋、建物、鉄道等の非破壊試験

センサーの使用の増加は、現在、建設業界に革命をもたらしています。レーザードップラー振動計は、これまでになく小型、軽量、パワーフルになりました。これらは、モバイルおよび工事現場での使用に最適です。その例として、産業プラントのパイプラインと導線の振動の測定、材料欠陥を特定するための鉄道の振動、交通による振動負荷を受ける橋の測定、および建物の振動があります。また、構造物の縮尺模型に関する実験室での振動測定にも適しています。

 

鉄道の非破壊試験

世界中の鉄道当局は、鉄道の欠陥検出システムの効率を改善することに関心を持っています。鉄道線路の構造健全性のこの分野は、現在の比較的古い技術を含む測定技術によって、欠陥検出の信頼性が不完全であるのと検査速度に限界があることによって制限されています。Optomet レーザードップラー振動計は、従来のレール検査の欠点を克服するものとして評価中です。超音波は線路を通って伝播し、欠陥と相互作用します。これらの波は、優れた感度と信号強度を備えたOptometレーザードップラー振動計によって測定されます。これは、表面処理が不可能で錆びたり、光学的に協調しない表面で、ノイズやドロップアウトのないデータを取得するために重要です。研究の目的は、通常の速度で走行する不通のの乗用車から操作できる、信頼性の高い欠陥検出システムを開発することです。

 

[Translate to Japanisch:] vibration railroad

Vector-シリーズ - 200メートル長距離測定

ご連絡下さい!

Contact